ライブラリーマネジメント・ゼミナール

■ ライブラリーマネジメント・ゼミナール/2011

カウンターサービスのマネジメント
〜良いチームワークで、良いサービスを!

カウンターは図書館サービスの最前線、ホテルでいえばフロントの役割です。
利用者の図書館への親しみ、信頼、満足はカウンターサービスの良し悪しに左右されます。
今回は現場の課題を取り上げながら、“良いチームワークで質の高いサービス”を提供するための
コミュニケーションマネジメントとカウンタースタッフのスキルアップをめざします。

■ プログラム&講師

日程 レクチャー&ワークショップ 講師・ファシリテーター
2011年
7月3日(日)
13時30分〜17時
多様な利用者への多様な対応
〜コミュニケーション・スキルを身につける
川喜田好恵
(カウンセラー)
カウンターは接客サービスの場。スタッフは多様な利用者に多様な応対をしなければなりません。貸出・返却から、利用案内、レファレンス、利用者の怒りへの対処等々。カウンタースタッフが抱える精神的ストレスを軽減するためのコミュニケーションスキルを学びます。
【懇親会】ゼミナール終了後17:30〜19:00 別途参加費 2,000円
7月17日(日)
13時30分〜17時
エントランスとカウンターを演出する
〜人を招く空間づくり

尼川ゆら
(舞台美術家)
エントランスからカウンターへ向かう空間は図書館の顔。利用者がその図書館の雰囲気を感じ取るところです。入りやすく、気持ちのいい空間に演出することもカウンタースタッフの仕事。演出するための視点とノウハウを学びます。
8月7日(日)
13時30分〜17時
カウンター業務の
コミュニケーションマネジメント
丸本郁子
(大阪女学院短期大学名誉教授)
現場をどうコーディネートすれば、良いチームワークで質の高いカウンターサービスができるか。情報の共有、課題解決のシステム、スタッフの能力UP・モチベーションUP等々、図書館のカウンター業務を統括する立場からそれぞれの取り組みを交流し、カウンター業務を円滑にすすめるためのコミュニケーションマネジメントの方策を考えます。
【シンポジウム】
●発題者:
多賀谷津也子(大学図書館 課長)
長田由美((株)図書館流通センター・受託公共図書館総括責任者)
公共図書館カウンターサービス責任者

●コーディネーター:
尼川洋子(人と情報を結ぶWEプロデュース)
■対象図書館及び公的施設のカウンター業務担当スタッフ、カウンター業務統括者
■定員 30人(先着順)
■参加費 *3回連続参加 8,000円
*各回参加 1回 3,000円
■会場とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ(5F)
視聴覚室(第1回・第2回)、会議室A・B(第3回)
http://www.toyonaka-step.jp/guide/access.html
*阪急「豊中駅」下車、徒歩2分。
■主催 人と情報を結ぶWEプロデュース/LMゼミプロジェクト