ライブラリーマネジメント・ゼミナール

■ ライブラリーマネジメント・ゼミナール/2013

【総合テーマ】
つながりあう、連携・共同のライブラリーマネジメント

利用者を“待つ図書館”から、多様な主体とつながって外へ活動を広げる図書館へ、自治体や大学の“単独”運営からアウトソーシングの導入による民間との“共同”運営へと、図書館は変化していきつつあります。
変化に対応し、新たに生じる課題に向き合い、一歩進んで“つながりあう”ためのマネジメントを現場視点で考えます。

■ プログラム

各回、前半のトークセッション、レクチャーを受けて、後半はテーマに即したスキル獲得のためのワークショップ(演習、グループワーク)を行います。

■第1回 : アウトソーシングの現場から考える共同・連携の図書館業務マネジメント

日程8月11日(日) 13:30−17:00
会場とよなか男女共同参画推進センター・セミナー室1
http://www.toyonaka-step.jp/
テーマアウトソーシングの現場から考える共同・連携の図書館業務マネジメント
業務委託・指定管理者制度等が導入されている図書館で、委託者と受託者が共同してより良い利用者サービスを展開するための図書館業務マネジメントを現場の視点で考えます。
トークセッション コーディネーター:多賀谷 津也子(大阪芸術大学図書館)
発表者:山中 陽子(叶}書館流通センター TRC販売東海地区エリアマネージャー)
発表者:釣 裕美絵(潟買Bアックス アウトソーシング事業本部 テクニカルサポート室)
発表者:公共図書館/前アウトソーシング統括責任者
ワークショップ グループセッション

■第2回 : 図書館のリソースを連携のリソースへト

日程 9月8日(日) 13:30−17:00
会場大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)・セミナー室2
http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp
テーマ図書館のリソースを連携のリソースへ
図書館サービスの中から生み出されるリソース(情報相談、レファレンス事例等)を活かした他の事業との連携と、コミュニティに図書館の有用性をアピールする方策を考えます。
レクチャー 講師:木下 みゆき(大阪府男女共同参画推進財団 統括ディレクター)
ワークショップ 連携のためのレファレンス事例分析

■第3回 : 図書館の発信力と多様なコラボレーション

日程10月13日(日) 13:30−17:00
会場名古屋国際センター・第3研修室
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/index.php
テーマ図書館の発信力と多様なコラボレーション
図書館を進化させるコラボレーション、ボーダレスな図書館活動について実践から学び、企画します。
レクチャー(1) ボーダレスの図書館活動を!
講師:内野 安彦(常盤大学非常勤講師、元鹿嶋市立中央図書館長、前塩尻市立図書館長、『図書館はラビリンス』著者)
レクチャー(2) 図書館が仕掛けるコラボレーション〜企画と仕組みづくり
講師:多賀谷 津也子(大阪芸術大学図書館)
ワークショップ 「コラボレーションを企画する」→ 企画書作り
■対象図書館及び専門情報センター職員、図書館業務受託会社スタッフ等
■定員 30人(先着順) *申込みが定員になり次第締め切らせていただきます。
■参加費 3回連続参加 8,000円 *各回参加 1回3,000円
■主催 人と情報を結ぶWEプロデュース/LMゼミプロジェクト